AKF Logo
  1. Home
  2. コンプライアンス教育
  3. 管理職のためのコンプライアンス経営

管理職のためのコンプライアンス経営

講座概要

 管理職(部課長)が、上司として部下を率いていく中で、コンプライアンス面で留意すべき事項を学ぶ講座です。本講座では、上司としてのコンプライアンス理解、自職場のコンプライアンスリスクの発見、及び発見されたリスクへの対処方法を学びます。コンプライアンス経営を知識としてではなく、マネジメント責任の一部を構成するものとして理解していただくことを狙いといたします。

学習目標

  1. 職場の責任者(上司)にふさわしいコンプライアンス経営の理解を実現する。
  2. 自職場のコンプライアンスリスクに気づくための着眼点を理解する。
  3. 発見されたコンプライアンスリスクに対して、マネジメントの側面から対処するための方法を理解する。

本講座の特徴

 単なる知識学習ではなく、自己診断を通じて自職場の点検を行いつつ、「いま」「ここ」に存在するコンプライアンスリスクにどのように対処すべきかを、自分ごととして学んでいただきます。講師から提供される一般的な知識をもとに自部署を振り返り、同僚である他の受講者との意見交換を通じてよりリアリティのある学習につなげます。

講座仕様

  • 想定受講者  :部課長級の管理職
  • 時間の目安  :3~4時間
  • 受講人数の目安:16名~25名

研修カリキュラム

 標準的なカリキュラムの一例をご紹介します。

1.管理職とコンプライアンス経営

  ・最近の企業不祥事を振り返る

  ・日本型コンプライアンスの理解と部下への浸透

2.自職場のコンプライアンス診断

  <ワーク>職場の自己診断(レーダーチャートの作成)

  ・診断結果の解説(12本の軸の意味)

  <討議>診断結果の共有

3.仕組みの側面から見たコンプライアンスリスク

  ・「違反の機会」からのリスク発見

  ・「違反の動機」からのリスク発見

  <討議>発見されたリスクの共有

4.能力の側面から見たコンプライアンスリスク

  ・「個人の能力」からのリスク発見

  ・「組織の能力」からのリスク発見

  <討議>発見されたリスクの共有

5.コンプライアンスの土壌の側面から見たコンプライアンスリスク

  ・「風土・体質」からのリスク発見

  ・「意思疎通」からのリスク発見

  <討議>発見されたリスクの共有

6.コンプライアンス経営と上司の責任

  ・マネジメントの延長としてのコンプライアンス経営

  ・上司の責任を果たすために

カスタマイズの視点

 本講座は管理職として最初に学ぶべきコンプライアンスの基本を扱っています。さらに実践的なスキルを身につけるために、テーマ別コンプライアンス研修の講座で扱う内容を組み込むことが有効です。具体的には本講座を「午前の部」とし、組み込む講座を「午後の部」とし、1日研修としてカスタマイズすることをご提案いたします。